車中泊

道の駅望羊中山は車中泊には不向き「標高835mで夜は寒い」

車中泊

札幌市の境目であえり、中山峠の中腹に位置する道の駅・望羊中山。この道の駅で車中泊は可能なのでしょうか?2024年3月、実際に現地に向かい、調査してみました。

道の駅望羊中山は車中泊は可能「お勧めはしない」

2024年3月、道の駅・望羊中山には「車中泊禁止」などという看板・ポスターは掲載されていませんでした。この事から、道の駅・望羊中山での車中泊を行う事は可能だと言えるでしょう。

ただし、道の駅において、「連泊」「テントを張る」などのレジャー目的での車中泊はは国土交通省が禁止していますので、あくまで休憩・仮眠の範囲内の車中泊に留めるように注意は必要です。

また、望羊中山の車中泊には様々な問題があり、この事から、この道の駅での車中泊はあまりお勧めできません。

道の駅中山峠は車中泊に不向き「難点だらけ」

管理人が難点だらけと考えている道の駅・中山峠での車中泊。詳しく見ていきましょう。

道の駅・望羊中山で車中泊を快適に行えるのかも確認してみましょう。

  • トイレ:24時間利用可能
  • 駐車場:広いが傾きなどあり
  • ゴミ箱:道の駅施設内のみ設置。家庭用ゴミは持ち込み禁止
  • 温泉:車で20分程度の距離
  • コンビニ:車で30分程度の距離
  • 注意点:標高が高いので夜間は寒い可能性有り

道の駅・中山峠はその名の通り、峠の中腹に位置する道の駅。その為、入浴施設、コンビニに向かう時、そこそこ時間がかかります。しかも、道中は峠道です。

また、駐車場の傾きも目出し、さらに、標高が高いので時期によってはかなり寒い可能性が考えられます。トイレは24時間利用可能ですが、個数も少なく狭いです。

やろうと思えば車中泊を行う事は出来るでしょうが、これらの理由から可能なら別の場所を探す事をお勧めします。

道の駅望羊中山のトイレは日中用と夜間用に別れている

では、道の駅・望羊中山について詳しく見ていきましょう。まずはトイレから紹介したいと思います。

道の駅・望羊中山のトイレは道の駅構内に1か所と屋外に2か所。屋外のトイレは日中用と夜間用に別れています。

道の駅構内トイレ外観

道の駅構内トイレ内観

道の駅構内のトイレは2階にあり、かなり狭く古い印象ですね。一応、ウォシュレット付きのトイレが設置されてはいました。

先ほどお話ししたように、屋外のトイレは2か所。朝8時30分~午後5時は日中用、午後5時~朝8時30分までは夜間専用と別れています。

日中用トイレはかなりの広さがあり、ウォシュレット付きのトイレが設置されていました。

屋外日中用トイレ外観

屋外日中用トイレ内観

屋外日中用トイレ内観

夜間専用トイレの内部は確認できませんでしたが、入り口がかなり狭い事から、トイレも決して広くはなさそうですね。

夜間用トイレ外観

SNSなどから調べてみると、「女子トイレが2か所しかない」と投稿がありましたので、やはり中は相当狭いようです

駐車場の傾きが目立つ

道の駅・望羊中山の駐車場ですが、山の中腹にあるせいか道路側にかなり傾きを感じます。

駐車場自体はかなり広く、209台(普通車190台、大型車12台、車椅子対応7台)が駐車できるスペースがありますので、夜間に車を停められないという事態は考えにくいです。

ただし、先ほどもお話ししたように駐車場には傾きがありますので、敏感な人は車中泊中に寝にくい状況となる可能性が否定できません。

ゴミ箱は設置されているが夜間は使用出来ない

道の駅・望羊中山のゴミ箱は日中用トイレの中に用意されていました。

こちらには「家庭用ゴミの持ち込み禁止」などと言ったポスターは確認できませんでした。しかし、日中用トイレに設置している為、夜間は使用する事は不可能です。

温泉まで峠道を車で20分

道の駅・望羊中山には温泉は併設されておらず、最も近いのは車で20分程度の距離にある豊平峡温泉です。

  • 料金:大人1000円 小人500円
  • 営業時間:朝10時~夜22時30分

営業時間は朝10時から夜22時30分まで。料金は大人1000円、小人500円なのでそこまで高い訳ではありません。

道の駅・望羊中山から20分程度でそこまで距離は感じませんが、山道を走る事になるので運転はやや大変だと思います。また、中山峠には街灯が少なく、夜間は視界がかなり悪くなりますので、注意が必要になります。

コンビニにも峠道を車で20分かかる

望羊中山には売店がありますが、道の駅の閉店と同時にしまってしまいます。その為、閉店以降はコンビニに向かう必要があるのですが、かなり距離があります。

最も近いのは喜茂別町にあるセイコーマート喜茂別店で、営業時間は朝6時から夜23時までとなっています。

ただし、こちらは温泉がある豊平峡とは真逆に走る事となりますので、買い出しを一緒に行う場合は、定山渓セイコーマート店が便利でしょう。

こちらもセイコーマート喜茂別店と同様、20分程度の距離でかかる時間はほぼ同じです。開店時間は朝6時~深夜0時と営業時間もほぼ変わらないので、利便性を考えると、定山渓側に向かう方が良いでしょう。

ただし、先ほどもお話ししましたが、中山峠は深夜になると街灯がほぼないので、運転はくれぐれも気を付けて下さい。可能なら、日没前に温泉、買い出しを済ませてしまう方が無難です。

道の駅望羊中山の標高は835m

道の駅・望羊中山は中山峠に位置しているため、標高が835mと高いです。一般的に、標高が100mあがると気温が0.6度下がると言われていますので、計算上、5度近く低くなります。

一般的に、標高が100m上がると、気温が0.6℃下がると言われます。

引用元:登山と標高の関係 ~標高差、気温、森林限界、高山病~

その為、道の駅・望羊中山には5月になっても斜面に雪が残っており、時期によってはかなり寒い車中泊となってしまいますので注意が必要です。

道の駅中山峠はあげいもが有名「豚丼の名物化も推進」

道の駅・望羊中山のグルメとして有名なのはあげいもであり、入り口にものぼりがかけられていました。

また、白玉いりのあんドーナツも復活し、名物として販売されていました。

その他に、道の駅2階には四季彩というレストランが用意され、豚丼を名物しようと活動していました。

口コミなどを見てみると、「美味しい」と書き込んでいる人もいれば、「しょっぱい」「無難以下」など賛否両論であり、味に関してはやや微妙のようです。

豚丼以外にも蕎麦やラーメンなども販売されていますので、豚丼の口コミが気になる人はそれ以外を選ぶことも可能です。

道の駅望羊中山の売店は充実「あげモチや地酒が販売」

トイレ・レストラン以外の道の駅・望羊中山の施設を見てみましょう。

売店は商品が充実

1階にはかなり大きな売店が営業しており、商品が物凄く充実しています。

道の駅・望羊中山の名物であるあげモチの他にも地酒も取り扱っています。ソフトドリンクの販売もあるので、売店があいている間に望羊中山に着いた場合は、コンビニでの買い出しは不要となりそうです。

会計近くではソフトクリームも売られており、通常の物以外にも高濃度抹茶味が販売されていますよ。

羊蹄山が見える展望台・無料休憩場

道の駅・望羊中山2階には展望台・無料休憩場があります。

休憩スペースとしては十分な広さが用意されており、天気が良ければ羊蹄山が綺麗に見る事が可能です。

標高835mだけあり、見晴らしはかなり良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました