車中泊

道の駅旭川の車中泊は場所取りが重要「駐車スペースが少ない」 

車中泊

北海道の中心にあり、札幌に続く第2の都市と言われている旭川。この市街地内には道の駅・旭川が営業しています。旭川市にある事から、利便性が高い道の駅・旭川ですが、車中泊に適しているのでしょうか?

2024年5月、実際に現地に向かい確認してみました。

道の駅旭川は車中泊を容認「車中泊用駐車場有り」

2024年5月、道の駅・旭川には車中泊に関する看板が掲載されていました。

看板には「車中泊をされます方は」という記載があり、車中泊を行う場合の駐車スペースも記載されています。

この事から、道の駅・旭川は車中泊を容認している事は間違いないでしょう。管理人が道の駅・旭川に訪れた時、車中泊を行っているキャンピングカーが駐車していましたが、職員に注意されているような様子もありませんでした。

看板の文章や実際に車中泊を行っていたキャンピングカーが存在していた事から、道の駅・旭川での車中泊はOKと言って問題ありません。

ただし、道の駅での車中泊で「テントの使用」「バーベキューを行う」などのマナー違反となる行為は避けて下さい。

車中泊を容認している道の駅・旭川ですが、「火気厳禁」「宿泊目的の長時間駐車」を禁止するポスターも掲載されていました。

このポスターに書かれているように、マナー違反な事を行うことは絶対にNGです。

道の駅・旭川はもちろん、他の道の駅でも、車の中で寝る・仮眠程度の車中泊に留め、テントの使用、バーベキューを行うなどマナー違反となる行為は絶対に避けましょう。

ちなみに道の駅館内での仮眠・宿泊の禁止、エンジンをかけたままの駐車など、道の駅・あさひかわのルールも存在しますので、こちらも違反がないように注意してくださいね。

道の駅あさひかわは車中泊は場所取りが大変「駐車場が狭い」

道の駅・あさひかわは市街地にある為、利便性は非常に高い施設となっています。

  • トイレ:24時間利用可能でまずまず綺麗
  • 駐車場:かなり狭く、車中泊用は数が少ない
  • ゴミ箱:道の駅構内に設置あり
  • 温泉:車で3分の距離に杜のSPA 神楽
  • コンビニ:車で2分の距離
  • コインランドリー:車で1分の距離
  • スーパーやコインランドリーが近く、利便性が高い
  • 駐車場が少ない点が難点

道の駅・あさひかわの設備・周辺状況をまとめるとこの様な感じですね。トイレはそこそこ綺麗で24時間利用可能。コンビニ、スーパー、飲食店が近隣に多数ありますので、買い出し、夕食に困るケースはほぼ無いでしょう。

1つ難点と言えるのは、駐車場のスペースが非常に少ない点ですね。特に、車中泊用駐車場は数台分しか用意されていません。

そんな状況にもかかわらず、道の駅・あさひかわは人気の車中泊場となっており、平日でもかなりの車中泊者が訪れます。つまり、道の駅・あさひかわでの車中泊は場所取りがかなり重要となってくるわけです。

それでは、道の駅・あさひかわの設備、近隣情報を詳しく解説していきたいと思います。

トイレはまずまず綺麗

道の駅・あさひかわのトイレは夜間用玄関側に用意されています。

トイレのおおよその場所は図の通りですね。

入口や内観、個室なども見てみましょう。

男子トイレ入口

男子トイレ内観

男子トイレ個室

男子トイレ洗面所

タイルや床には年季を感じますが、トイレは取り換えられたのか綺麗な印象があります。個室や洗面所も同様で、清潔感がありますよね。「汚いから使いたくない」という人はあまりいないのではないでしょうか?

24時間利用可能となっており、車中泊に使用するトイレとしては十分と言えるでしょう。

駐車場はかなり狭い

道の駅・あさひかわの最大の難点である駐車場。道の駅・あさひかわの駐車場には普通車100台が停車できるスペースがありますが、車中泊に利用できる場所はその中でもわずか。図の赤線んで囲んでいる部分だけですね。

台数を数えてみると、24台くらいで、全駐車可能台数の約4分の1となっています。その上、道の駅・あさひかわは利便性や立地の良さなどから、人気の車中泊場となっており、平日でもかなりの人が訪れる施設となっているんです。

その為、道の駅・あさひかわでの車中泊は場所取りがかなり重要となってくるわけですね。

駐車場の路面は平坦で、目立った傾きなどは感じなかったので、寝るときも問題ないでしょう。

場所取りさえ出来れば、利便性は抜群なので、車中泊場としては物凄く優秀な道の駅となっていますので、車中泊場としてあさひかわの利用を考えている人は早めに現地に到着する事をお勧めします。

ゴミ箱は館内に設置

続いてゴミ箱ですが、こちらは道の駅館内にある休憩スペースに設置されていました。

「家庭用ゴミを捨てないで」「24時間監視」という注意書きから、持ち込みのゴミを捨てるのは難しいでしょう。こちらのゴミ箱は道の駅で出たゴミを捨てる為に利用し、家庭用ごみは持ち帰る必要がありそうです。

ちなみに2020年頃までは、道の駅入り口手前の屋外にゴミ箱が設置されていた時期もあり、特に注意書きなどもなく24時間利用可能だったことから「理想の車中泊場」と言われていました。

しかし、コロナを契機にゴミ箱の位置が変わり、その後はずっと館内に移動したままとなっています。屋外にゴミ箱が設置されている貴重な道の駅だっただけに、この変更は非常に残念な物でした。

車で3分の距離に杜のSPA神楽

旭川市にある道の駅・あさひかわ。大きな街なので入浴施設もたくさん営業しています。その中でも道の駅から比較的近く、料金もリーズナブルなのが杜のSPA 神楽です。

  • 営業時間:朝10時〜夜24時まで(23時受付終了)
  • 入浴料金:大人700円、子供300円、3歳以下無料

深夜24時まで営業と長い時間開店している点も嬉しいですよね。

露天風呂や休憩スペースもあり、食事も可能。別途300円払えば岩盤浴も利用する事が可能となっており、車中泊時の入浴施設としてはかなりレベルが高い部類に入る事は間違いないですよ。

車で3分程度にコンビニが2点

買い出しに必須なコンビニですが、道の駅・あさひかわから車で3分程度の距離に、セブンイレブンとローソンが営業しています。

セブンイレブン旭川神楽」10丁目店、ローソン旭川神楽2条店ともに24時間営業なので、夜間の買い出しに困る事は無いでしょう。

また、道の駅・あさひかわの隣にはコープがありますので、こちらの利用も便利です。

道の駅・あさひかわの駐車場からコープの看板が見えるくらい近いので、歩いて向かう事も十分可能。コンビニよりも割安で食べ物や飲み物を購入できますから、こちらの利用もお勧めです。

徒歩圏内にはコインランドリー

街中の道の駅を車中泊場とする場合、近くにコインランドリーが営業しており、洗濯を行えるケースが多いです。道の駅・あさひかわもこのケースに当てはまり、車で1分の距離にコインランドリーが営業しています。

徒歩でも十分迎える距離であり、交通量によっては歩いた方が早く着く場合さえ考えらえるくらい近い場所にあります。

営業時間は朝7時〜夜23時と長めであり、車中泊を行い旅をしている人にとっては利用価値がとても高い設備となっていますよね。

飲食店が多数

道の駅・あさひかわは市街地にある為、近くに飲食店も多数営業しています。

グーグルマップ上で確認した限りですと、

  • ラーメン屋(道の駅・あさひかわフードコート内)
  • 洋食屋
  • マクドナルド
  • 中華料理
  • 日本料理
  • つぼ八

など、ファーストフードから大衆居酒屋まで、色々なお店が道の駅・あさひかわ近隣で営業していますね。

たくさんの飲食店、コンビニ、スーパーが近隣にある道の駅・あさひかわ。買い出しや食事に困る事は無く、車中泊にとっては非常に利便性が高い道の駅となっていますよ。

道の駅旭川の施設紹介「構内ではラーメン屋やパン屋が営業」

車中泊という点から道の駅・旭川について色々と見てきましたが、それ以外にも売店やフードコートなど、館内には色々な設備・施設が存在しています。

車中泊時に利用する事は少ないかもしれませんが、こちらについても確認しておきましょう。

ラーメン屋梅光軒とよし乃が営業

道の駅・旭川構内にはフードコートがあり、こちらではラーメン屋梅光軒とよし乃が営業しています。

両店舗とも、旭川の有名店で、札幌にも店舗が出店していますよ。梅光軒にいたっては、新千歳空港内にある北海道ラーメン道場に出店するくらいの人気店です。

20時まで営業と、道の駅のフードコートとしては長めとなっている点も嬉しいポイントですよね。車中泊時はこちらで夕食を取ってみてもいいかもしれませんね。

2人以上で道の駅・旭川を訪れると、両店舗の食べ比べも出来ますので、お得感があると思いますよ。

その他、そばの氷雲庵やあんかけ焼きそばのとろり庵も営業していますので、ラーメン屋以外も選ぶことも可能です。

売店には旭川由来の商品

道の駅・旭川にも売店があり、旭川に所縁がある商品が多数販売されていました。

特に旭川の地酒が多かった印象があります。国士無双や男山は全国的にも有名な日本酒となっていますので、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

日本酒以外にも旭川で営業している大雪地ビール関連の商品も取り扱われていました。

地域特産のお酒が多数取り扱われていますので、車中泊中の晩酌にはもってこいの売店となっていますよね。

手作りパン屋DAPAS

売店横には手作りパンやDAPASがあります。

硬めのパンが人気のお店で、フードコートにあるラーメン屋・梅光軒の味玉を使った味玉サンドがお勧めです。噛み応えがあるパンと味玉のバランスが良く、とてもおいしいパンに仕上がっています。

旭川のゆるキャラ・あさっぴーの像

売店前には旭川のゆるキャラであるあさっぴーの像が建っています。

「ボク…走るの苦手だけどガンバルョ!」というセリフが可愛いですよね。

薪ストーブの展示

あさっぴーの像の横には薪ストーブが展示されていました。

両商品とも販売されている薪ストーブで実際に購入する事が可能なようですよ。ただし、値段は50万円以上とかなり高価ですが。

インテリアにこだわりがある人にとっては良い商品かもしれませんが、我々庶民にはなかなか手が出ないですよね。

無料Wifiが完備

道の駅・旭川にも無料wifiが完備されており、利用する事が可能です。

正面駐車場中間地点で確認してみたのですが、wifiは届くようでした。

ちなみに計測地点での速度は8.4Mbpsと、高速とは言えないまでも全く使えない速さではなかったです。また、アンテナは2本となっていましたので、車中泊者用の駐車場での使用は難しい印象でした。

Screenshot

道の駅あさひかわでの車中泊感想「やはり場所取りが難点」

道の駅・あさひかわでの車中泊時、最大の難点となるのは何とも話していますが場所取りでしょう。平日だろうとかなりの結構な人が道の駅・あさひかわで車中泊を行っていますので、車中泊用の駐車場は混雑します。

この点以外は北海道第2の都市・旭川にある道の駅だけに、かなり利便性が高かったです。特に、スーパーやコンビニ、飲食店の多さは際立っていました。これだけ飲食店が近隣に存在しているのは、旭川意外だとだて歴史の社くらいではないでしょうか?

道の駅だて歴史の杜は車中泊に最適「周辺には飲食店やスーパー多数」
伊達市にある道の駅・だて歴史の社。町中にあり、駐車場もかなり大きな道の駅で、洞爺湖近辺でも有数の車中泊スポットとなっています。 だて歴史の社の車中泊情報について見ていきましょう。 道の駅だて歴史の杜で車中泊は可能「キャンピングカー多数目撃」...

それだけに、「駐車場がもっと広ければな…」という感想を持ってしまいます。

管理人が道の駅・旭川を訪れた時間は夕方16時くらいだったのですが、この時点で既にキャンピングカーが1台駐車していましたので、やはり早めに行って場所取りをした方が無難そうです。

ちなみに、一部、車中泊用の駐車場以外にも停まっている車はありましたが、注意された様子は無かったので、駐車場内ならどこでも車中泊は可能なのかもしれません。

ただし、道の駅・旭川からは車中泊者の駐車スペースが指定しているので、そこを使った方が無難なのは確かでしょう。駐車場スペースがネックな道の駅だけに、指定された以外の場所を使いたくなりますが、ここは自己責任ですね。

何度も言いますが、人気の車中泊場であり、駐車スペースが限られているので、場所取りには注意した方が良いですよ。場所され取れれば、かなり優秀な車中泊場なのは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました